Please reload

January 24, 2018

日本と同様に韓国でも、すべての法人(会社、社団法人、財団法人など)の設立には、一定の法的要件が必要である。

運営と会計処理にも厳しい基準が適用され、解散も思いのまま行うことができない。

法人との取引は、個人を相手にするよりは信頼性が高いが、これらの信頼を悪用して相手を欺瞞し利益を詐取しようとする試みが頻繁である。法人、特に企業と取引する際の注意点を調べてみよう。

1.契約は必ず代表取締役と締結しなければならない。

契約当事者とは、「”株式会社カナタ 代表取締役ホン・ギルドンの印(または署名)”のように法人登記簿上の会社の名称、代表取締役の肩...

January 19, 2018

韓国企業と契約を締結した後、適切に契約が履行されないなど、いずれ契約紛争が発生するかもしれない状況にある場合には、次のような事項を必ずご確認しておくべきです。

1  相手の契約違反を立証することができる資料を確保する。

損害賠償訴訟では、訴訟を提起する当事者(原告)が「相手の契約違反」を主張して、それを証明しなければなりません。

したがって実際、法廷に提出することができる相手の契約違反の資料が十分に備わっているかどうかチェックしなければなりません。

2  証明資料が不足している時は、訴訟前にそれを補える関連資料を確保しなければならない。

相手...

Please reload

Please reload

最新記事
タグから検索
特集記事

韓国の企業と契約を締結する際に確認すべき基本的事項

January 24, 2018

1/4
Please reload

アーカイブ
Please reload